2020年の演奏会に戻る

  

  
   日本の作曲家2020 JFCニューカマーズに参加して
                                                  永野 聡

    JFCニューカマーズ2020に参加させていただき、企画の川島先生にお礼申し上げます。また、演奏の神田先生には
  打楽器の様々な演奏法のアドバイス、拙作の初演いただいた稲野先生、永野先生には、まだ角の取れていない出来立
  ての新作を、抜群の演奏技術で命を吹き込んでいただき大変感謝しております。
   実は2年前にも一度参加させていただいていますが、今回も非常にバラエティに富んだ内容で、作曲家の個性がそれ
  ぞれに反映された非常に面白い作品がそろって
いたと思います。
   最初の中辻さんは、非常に力強いリズムと音が際立つ作品でした。その後の拙作が消え入るような音世界で対比が
  際立つこととなり、私としては非常に助かりました。深澤さんはリズムの掛け合いが楽しい作品でしたし、山田さん
  の作品は、マッチ売りの少女をオペラ風に仕上げ、最後はホロッとさせられました。
   松波さんは、マレットの持ち替えによる音色の変化に特徴があり、白岩さんの作品は銅鑼一台を二人で奏するとい
  う意欲的で力強いリズムが強く印象に残りました。山本さんの作品はドラムが印象的で、ご本人の音楽嗜好が背後に
  見え隠れしているところが面白く感じられました。伊藤さんの作品は、楽屋ネタですが、実は「スネア3台で何か作っ
  てみた
ら?」という少々無茶振りの課題が与えられていました。これに見事に解答されていたのではないかと思います。
   これらの新作の初演に際しては、演奏家の皆さんの技術、ご努力が不可欠です。神田先生とそのお仲間には、深く敬
  意を表したいと思います。
   来年はまた新しい企画がスタートするとのことですが、新しいメンバーから新しい音楽が生み出される良い企画とな
  ることを祈念いたします。
 

                                                 ホームに戻る