演奏家プロフィール

 

 

黒川真理(筝)
東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。NHK邦楽オーディション合格。文化庁新進芸術家国内研修員として人間国宝・故藤井久仁江師に師事。「北日本 新聞芸術選奨」受賞。「とやま賞」受賞。全国邦楽コンクール「最優秀賞・文部科学大臣奨励賞」受賞。ビクターよりCD発売。NHK Eテレ「芸能花舞台」「にっぽんの芸能」出演。大伴家持生誕1300年記念企画展にて天王皇后両陛下御前演奏。その他、海外公演多数。黒川邦楽院学院長。
黒田 鈴尊(尺八)
令和元年度文化庁文化交流使。人間国宝二代青木鈴慕、三代青木鈴慕に師事。国際尺八コンクール2018 in ロンドン優勝。利根英法記念邦楽コンクール最優秀賞。国際現代音楽祭ARS MUSICAにて武満徹 "November Steps" や新作尺八協奏曲を演奏。毎年の世界中での独演会や数多くの委嘱新作、オーケストラとのコラボレーションを通じ尺八の今とこれからの無限の可能性を追求。CDやTV、歌舞伎公演などにも音源提供多数。
石上真由子(ヴァイオリン)
日本音楽コンクール等、国内外のコンクールで優勝・受賞多数。海外の音楽祭にも多数出演。長岡京室内アンサンブル、アンサンブル九条山メンバー。Ensemble Amoibeシリーズ主宰。Music Dialogue、CHANEL Pygmalion Days室内楽、京都コンサートホール、公共ホール活性化事業登録アーティスト。令和元年度 京都市芸術新人賞、音楽クリティック・クラブ賞、大阪文化祭賞、第29回青山音楽賞 青山賞受賞。日本コロムビアよりCD「ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ」好評発売中。
對馬佳祐(ヴァイオリン)
東京都出身。都立芸術高校、東京藝術大学を経てパリ国立高等音楽院ヴァイオリン科を首席で卒業。同音楽院修士課程室内学科修了。第8回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。2010年フランス・バッハ国際音楽コンクール第1位。2014年リヨン国際コンクールにてグランプリ(全部門最優秀賞)受賞。これまでに玉井菜採、田中千香士、ジェラール・プーレ、ボリス・ガルリツキーの各氏に師事。ヴィルタス・クヮルテット、東京バロックプレイヤーズメンバー。
尾池亜美(ヴィオラ)
東京藝術大学音楽学部附属高校、同大学を経て渡欧。ローザンヌ高等音楽院、英国王立北音楽院、グラーツ芸術大学にて研鑽を積む。日本音楽コンクール、RNCMマンチェスター国際ヴァイオリン紺ウール優勝。カールフレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位。これまでにアジア、ヨーロッパ各国でリサイタルを開催するほか、国内外の多くのオーケストラと共演。Ensemble FOVE、アミティ・カルテット、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。
加藤文枝(チェロ)
東京藝術大学、同大学大学院卒業。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。パリ市立音楽院を満場一致の首席で卒業。第8回ビバホールチェロコンクール第1位。第7・8回東京音楽コンクール弦楽部門第2位。FLAME国際コンクール第3位。平成23年度京都市藝術文化特別奨励者。2011・2012年度ロームミュージックファンデーション奨学生。財団法人地域創造による公共ホール音楽活性化事業、平成26・27年度登録アーティスト。CHANEL Pygmalion Days アーティスト。オクタヴィア・レコードよりデビュー・アルバム「Parfum」をリリース。