日本作曲家協議会は アジア作曲家連盟(ACL) の日本支部です。

ACL音楽祭を開催するほか、国際交流コンサートも実施しています。

 

 

 アジア作曲家連盟(Asian Composers League)

 

 アジア作曲家連盟(Asian Composers League 以下ACL)は、1973年に日本、韓国、台湾、香港の4人の
 作曲家たちの呼びかけにより、汎アジア的音楽創作活動の振興、及び文化交流を目的に設立されました。
 現在、日本、韓国、台湾、中国(香港)、タイ、インドネシア、フィリピン、ニュージーランド、オース
 トラリア、イスラエル、マレーシア、トルコ、シンガポール、ベトナム、タタルスタンの15の国と地域が
 加盟しています。

 これまで各支部持ち回りにより、35回の《総会・音楽祭》を開催してまいりました。音楽祭ではアジアの
 最新の作品が紹介されるほか、伝統音楽の演奏会、「カントリー・レポート」「ACL青年作曲賞」など、
 多くの催し物が行われ、世界の人々との交流の場となっています。

 1990年、2000年、2003年、2014年の総会・音楽祭は日本で開催され、2010年及び2017年にはスペシャ
 ルイベントも開催されました。
 現在までのACL総会・音楽祭開催都市はこちら

 

 ★ACL名誉会員                                    *は故人

  芥川也寸志* 入野義朗* 林聲翕* 武満徹* 周文中* 許常惠* L.カシラグ 林樂培 

  李誠戴* J.マセダ* 黛敏郎* 入野禮子 尹伊桑* J.ボディ* パン・ファンロン 馬水龍*
  R.ツァン 
ラモン・サントス キュンスン・スー 松下功*

 

 ★ACL執行委員

  会  長:ダン・ユハス(イスラエル)

  副  会  長:ティン・イー・マ(台湾)

  委  員:スン・ジュ・チュン(韓国)

       クリス・ジェンダル(ニュージーランド)

  事務局長:三好泉(日本)

 

 ★ACL青年作曲賞

  1988年の香港大会より開始された作曲コンクールで、各加盟支部が選出した30歳以下の作曲家の
  作品が
演奏され審査が行われます。毎回、若い優秀な作曲家がこのコンクールより巣立っています。

  歴代受賞者はこちら  

 ★ACL入野義朗記念賞

  アジア作曲家連盟の創始者のひとりである日本の作曲家 故入野義朗氏の業績を記念して1981年に

  設けられました。原則として、音楽祭期間中に演奏される開催支部の35歳以下の作曲家の作品が

  受賞の対象となります。
  歴代受賞者はこちら