演奏家Profile

 

 

梶原 一紘(フルート)

東京藝術大学音楽学部附属高校、東京藝術大学を卒業後渡仏。フランス国立クレテイユ地方音楽院を満場一致最優秀の成績にて修了後、パリ・エコールノルマル音楽院にて研鑽を積む。
マグナムトリオのメンバーとして日本国内はもとよりイギリス、カナダ、韓国をはじめさまざまな演奏会やフルートフェスティバルに招聘され好評を博す。三響フルートプラザ講師。

 


岩瀬 龍太(クラリネット)

桐朋学園大学卒業後、ベルギーのアントワープ王立音楽院とモンス王立音楽院にて、ワルター・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの両氏に師事。
これまでに、ピエトロ・アルジェント国際室内楽コンクール第1位。マルコ・フィオリンド国際室内楽コンクール第3位。パドヴァ国際室内楽コンクール第3位。夏期国際音楽アカデミー(ウィーン)においてバルトーク賞を受賞。
ウィーンモデルン現代音楽祭をはじめ数々の音楽祭に招聘される。


松岡 麻衣子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。2008年に渡独、IEMA(フランクフルト音楽・舞台芸術大学)にて研鑽を積んだ後、アンサンブル・リネア、アンサンブル・モデルン等の現代音楽演奏団体で、欧州を中心に世界各地の主要な現代音楽祭に招聘される。現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅺ」2位。
2013年帰国後も、同時代の作品演奏に多数携わるほか、他ジャンルのアーティストとの活動も積極的に行っている。

甲斐 史子(ヴィオラ)

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール、現代音楽演奏コンクール〈競楽Ⅴ〉優勝。第12回朝日現代音楽賞受賞、青山バロックザール賞受賞。ドイツ・ダルムシュタットにて、クライニヒシュタイナー賞受賞。アンサンブル・ノマド メンバーとして、第3回佐治敬三賞受賞。2020年リリース、アイヴズソナタCDが文化庁芸術祭・レコード部門優秀賞受賞。
神奈川県立弥栄高等学校、東京藝術大学ソルフェージュ科非常勤講師。

 


松本 卓以(チェロ)
東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中に福島賞受賞。
藝大定期にてサン=サーンスのチェロ協奏曲を協演。現在はバロックから現代まで精力的に演奏活動を展開しており、特に現代音楽の分野では400曲を超える初演を行ってきた。
クァルテット・アルモニコ、Ensemble Contemporary α、アンサンブル東風、小松亮太&オルケスタティピカのメンバー。アンサンブルノマドレギュラーゲスト。
東京藝術大学及び附属音楽高校非常勤講師。