(一社)日本作曲家協議会

JFC会長 松下 功
JFC会長 松下 功

毎日寒い日が続いております。

お元気でお過ごしでしょうか。

 

今年は長野オリンピック・パラリンピックから20年になります。

韓国ピョンチャンではもうすぐ冬季オリンピックが開幕しますが、

アスリートたちの活躍が楽しみですね。

 

JFCは212日(祝・月)に紀尾井ホールで「第33回こどもたちへ」を開催します。

28人の作曲家がどんな“ゆめ”を描いたか、私もとても楽しみです。

どうぞ皆様ご来場ください。

 

「日本の作曲家2018」は、第1夜を223日、第2夜を38日に

東京オペラシティリサイタルホールで行います。双子座三重奏団をはじめ、ご出演の皆様の熱演を期待しましょう。

 

39日には、台東区生涯学習センターミレニアムホールで「アジアの伝統・アジアの現代」を開催します。今回は、中国の伝統楽器 揚琴と笛子の名手が登場いたします。香港と日本の作曲家の作品をお楽しみいただきます。

中国楽器奏者お二人の超絶的なテクニックにもご注目ください。

 

このコンサートは、香港と日本の各ACL支部による交流コンサートでもあります。

3月には香港から3名の作曲家が来日します。5月には3名のJFCの作曲家が香港を訪れ、現地で同じプログラムによるコンサートを開催します。

 

                                               一日一日、日が長くなり、陽の光も力強さを増しております。

                                              春が待ち遠しいですね。

 

 

                                                                                                                                                                         JFC会長 松下 功