作曲家プロフィール

 

 

上野未致子
1966年福岡県生まれ。福岡女子短期大学音楽科卒業。同音楽専攻科修了。福岡教育大学作曲コース卒業。
ヤマハ音楽教室システム講師。福岡ミュージックオブスクール講師。福岡女子短期大学音楽家非常勤講師を経て、現在、島村楽器、作曲、ピアノ、ポピュラーピアノ、ソルフェージュ科講師。
内山信、吉田峰明、二宮毅の各氏に師事。                                    

木下大輔
横浜市出身。東京藝術大学大学院修了。
日本の音楽展作曲賞、奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門など受賞・入選歴多数。
作品はアジア作曲家連盟音楽祭、東アジア音楽祭など内外で頻繁に演奏。20162017年に個展演奏会開催。
主要作品:三つの女の歌、弦楽三重奏曲、追分(Vc)、晴れた日の記憶(Cl,Pf),(Vib,Perc),音楽の旅(Pf連弾集)、瓦解の宴(Fl,Cl,Bn)、現代の秋(Pf)、夢のみち(Mix-Cho,Pf)24の小品集(Pf)、他。
現在、宇都宮大学教授、日本教育大学協会音楽部門代表。

池上 敏
故村田英夫氏に作曲の手ほどきを受け、後、池内友次郎氏に師事。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽研究科作曲専修修了、その間永冨正之、松村禎三、間宮芳生、他各氏に師事。京都市立芸術大学非常勤講師、京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)教諭、山口大学教育学部教員、国立大学法人教育職員等として音楽人育成、教員養成に従事。一方で器楽曲、室内楽曲を中心に積極的に作曲活動中。

鈴木豊乃

国立音楽大学作曲学科卒業、同大学院修了。

ソリストへの作品提供、コンサートやCDのアレンジを多く手掛ける一方、こども向けの作品制作や楽譜出版も意欲的に行っている。常に、時代やジャンルを問わない幅広い視点での音楽活動に取り組んでいる。

二宮 毅
1972年愛知県生まれ。
笹川賞、名古屋文化振興賞、第1回EACA国際作曲コンクール入賞。
札幌市、福岡市、韓国テグ市を生活と活動の拠点にする。日本の古典文学や伝統芸術に宿る情緒性を反映した作品は、アジア諸国の音楽祭や欧州各地で上演、放送されている。
作曲集団KALEIDISM、日本創作歌曲研究会、福岡市国際作曲家会議を主宰。
福岡教育大学教授兼副理事。2015年フランス・ボルドー音楽院レジデンス作曲家。

齊藤 武
山梨県出身。
作曲を中嶋恒雄、野田暉行に師事。東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。
第5回名古屋文化振興賞(作曲部門第1位)。
日本作曲家協議会会員。中国・四国の作曲家幹事。九州・沖縄作曲家協会理事。宮崎大学助教授を経て現在岡山大学教授。
主な作品;弦楽四重奏曲第1番、第2番、歌曲集「悩みはイバラのようにふりそそぐ」(JFC出版)、メゾソプラノと室内楽「四季の瞳」(第一回東アジア音楽祭)、創作ミュージカル「東への風」オーケストラ版(宮崎市制作)など。

中村彩子

札幌出身。
日本大学芸術学部音楽学科作曲コース卒業、東京音楽大学研究科作曲専攻修了。

池辺晋一郎、綿村松輝、吉田均各氏に師事。米国シアトルPacific Northwest Film Scoringでハミー・マン氏に映画音楽を学ぶ。
教育作品や子供のピアノ曲など出版多数。うち「スペインのカスタネット」(音楽之友社)は小学校等で広く演奏されている。その他、NHKニュース番組音楽提供、ポピュラー曲アレンジ等。