公演記録

合唱の祭典

 

’86 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Aプログラム

1986年7月9日(水)18:30開演

アビラック・センター バリオホール

   

池辺晋一郎:六つの子守歌より「思い出の子守歌」「風の子守歌」

尾高 惇忠:やがて秋・・・

菅野 由弘:「天使のたまご」より 異神と共に

柴田 南雄:梅さきぬ

武満  徹:小さな空

坪能 克裕:さようならの季節に

新実 徳英:幼年連祷より「花」

西村  朗:猫が海へ

林   光:「長くて短い六つの歌」より 幾千年

平吉 毅州:チェックのしまうま

間宮 芳生:「合唱のための4つのエチュード」より

松村 禎三:牧歌

三善  晃:麦わら帽子

毛利 蔵人:大男のための子守唄


’86 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典

Bプログラム

1986年7月10日(木)18:30開演

アビラック・センター バリオホール

 

青島 広志:「本家マザーグースの歌」より コラールと子守歌

嵐野 英彦:忘れもの

伊藤 翁介:さくら散る

岡本 正美:「しつけ音楽・エブリデーソング」より

飯田 三郎:合唱のための雰囲気「アイヌ神謡」

三枝 成章:「川よ とわに美しく」より 静脈の川

桜井  順:バージン・ブルース

田中 利光:「我が家族の肖像」より 子もり歌

髙嶋みどり:美しい夏の朝に

三木  稔:合唱劇「峠の向かうに何があるか」より

溝上日出夫:「花の香を追って」より 花まつり / 花の香を追って

山本純ノ介:夕陽に心を染めて

山本 直純:「田園・我が愛」より がっこうの先生 / ひばり

若松 正司:オーロラの中を


’86 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Cプログラム

1986年7月11日(金)18:30開演

アビラック・センター バリオホール

 

芥川也寸志:不動明王

岩河 三郎:木琴

石井  歓:「少女のいる画集」より 海は光っていた

木下 牧子:「ティオの夜の旅」より ローラ・ビーチ

小森 昭宏:蘇る八幡平

佐藤  眞:新わらべうた より

富永 三郎:海を渡る蝶

中田 一次:入江のうた

中田 喜直:合唱組曲「昇天」より

服部 公一:「北国の秋の物語」より

平野 淳一:「五つのアイロニー」より 知らずにわかれた人びと

平井康三郎:交声詩曲「山頂雷雨」

八木 正生:チャンバラ

湯山  昭:「息づく日々」より 愛という言葉


’87 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Aプログラム

日本合唱協会 第60回定期演奏会 「日唱初演作品の夕」

1987年6月25日(木)18:30開演

東京文化会館小ホール

 

松岡 貴史:馬

三木  稔:「浄土」より

萩原 英彦:「動物たちのコラール」より 羚羊の祈り

坪能 克裕:「自然の歳時」より 貝の夢

平吉 毅州:「郷愁そして追憶」より

岡島 雅興:「恋歌」より ボディボの壺

柳田 孝義:「若い冬」より 冬のあした

くりもとようこ:「曇った秋」より Ⅱ

玉木 宏樹:レモン色の霧よ

諸井  誠:混唱草子「花札伝綺」より 皐月

別宮 貞雄:「山の四季」より 谷 / 雲 / 雪国

團 伊玖磨:「ディベルティメント」より 祭

高田 三郎:「水のいのち」より 川

柴田 南雄:霞立つ


’87 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Bプログラム

1987年6月26日(金)18:30開演

東京文化会館小ホール

 

有馬 礼子:海のサーフィン

岩河 三郎:親知らず、子しらず

吉川 和夫:越後の瞽女による門付唄 かわいがらんせ / 雨降り唄

三枝 成章:「川よ とわに美しく PartⅡ」より 八月歌

鈴木 静哉:「遊蝶花」より 冬の日

寺島 尚彦:「花のながれのなかに」より 風のたんぽぽ / 海の花

西村  朗:「秘密の花」より 髪

藤沢 道雄:飛行船

池辺晋一郎:「時はながれても」より その人は言いました

岡坂 慶紀:「子供のうた」より ブルウ ブルウ ブルウ / くらくら ぎらぎら

楠  知子:「相模野」より 沈ちょうげ

佐藤  眞:「若人のうた」より  凧

竹西 正志:猫

中島 良史:「中也・狂想曲」より 頭をボウズにしてやろう

福士 則夫:「陽の扉」より 涙

山本純ノ介:「万象」より 生命の源


’87 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Cプログラム

東京合唱協会 第5回定期公演

1987年7月18日(土)16:00開演

サントリーホール

 

岡部富士夫:いつもふしぎな春

遠藤 雅夫:星の美しい村

水野 修孝:「小さなホメロスたち」より 風よ

大沢 和子:ばらの言葉

壁 真理子:「愛さないの 愛せないの」より

       Ⅰ汽車 Ⅳなんにでも値段をつける古道具屋のおじさんの詩

伊藤 幹翁:Kyrie from "Mass Privata"

小林 秀雄:落葉松

田中 利光:「魚の譜」より

小橋  稔:「聖マリアに寄せる四つの歌」より 夕映えに / 雪が降る

飯田  隆:なぜ

市場 幸介:除夜の鐘が鳴る時

石井  歓:「三つの寓話」より 赤ずきん

寺原 伸夫:「牧水のうた」より 白鳥の歌 / 山を見よ

中田 喜直:「アビと漁師」より 酸い甘い五月の風

安部 幸明:吹く風の見えぬがごとく

芥川也寸志:海濱獨唱


’87 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Dプログラム

児童合唱の夕べ

1987年7月18日(土)19:00開演

サントリーホール

 

内田 勝人:うたをうたってあげたい

小森 昭宏:道

宮崎 尚志:街は音楽だ!

若松 正司:「ちいさなあしおとⅠ」より 殺虫罪 / 空と水

岡本 正美:エブリデーソングより

大田 桜子:「忘れられたもの」より Ⅰあしあと Ⅱりんごの唄

川崎 祥悦:「千万人のともだち」より 千万人のともだち

溝上日出夫:「けものたちのうた」より なまけもの

北爪 道夫:「さる」より すり / さる

山本 直純:「遠足」より 城あと / おべんとう」

湯山  昭:「日本のこども」より

       アリグロ・アレグロ / 年めぐりカノン / ほの字のスケルツォ

新実 徳英:「生まれてから」より 太鼓打ち

林   光:「世界のなぞなぞ」より

       風が知っている / じゃがいも / まなざし / 時 / バス / 春

松尾 祐孝:じゃあね

三善  晃:すりむきうた / きりなしうた


’88 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Aプログラム

東京混声合唱団 第115回定期演奏会

1988年4月19日(火)19:00開演

東京文化会館小ホール

 

新実 徳英:「やさしい魚」より 天使 / 鳥が

佐藤  眞:花のなかにねむる

柴田 南雄:追分節考

三枝 成章:「川よとわに美しく」より 美しきものを咎め給うな

岡坂 慶紀:「倖せそれとも不倖せ」より 火口感傷 / ユウレイノウタ

平野 淳一:女声合唱組曲「冬の夢」より 白い自由画

寺島 尚彦:合歓の木の雨

江川マスミ:山の祭り

中島 良史:「恋人たち」より もっと他人 / そういうあなた

田中 利光:「青椰子の歌」より みちのく

宗像  和:歯舞の流氷

松村 禎三:ゆき

伊藤 幹翁:Agnus Dei

神良 聰夫:早春

山本 直純:「笑いの喜遊曲」より ハ調のインベンション / ヘ調のアレグロ


’88 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Bプログラム

日本合唱協会 第63回定期演奏会 「作曲家・日本の若い群像」

1988年4月22日(金)18:30開演

石橋メモリアルホール

 

草野 次郎:「風によせて」その1

安村 好弘:「手のひら」より ほたる / あま茶

髙嶋みどり:「幻影」より 靴に釘がささっていても

壁 真理子:「愛さないの愛せないの」より いちばん短い手紙 / 十五歳

山本純ノ介:明日の空にはばたけるつばさを

谷中  優:雪の日

喜納政一郎:夢みたものは

田口 雅夫:海が呼んでいる

柳田 孝義:車窓

くりもとようこ:「驢馬」より かしこの天へ / 驢馬

村雲あや子:「百人一首」より 恋のうた2首

西村  朗:そよぐ幻影

池辺晋一郎:サプタンガン(一枚のハンカチ)

菊池 雅春:鳩が


’88 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Cプログラム

東京合唱協会 第6回定期演奏会

1988年4月23日(土)18:30開演

石橋メモリアルホール

 

大沢 和子:「私のひとりごと」より 訪れ / 道 / かえりみち

岡本 正美:ねむの木の子もり歌

飯田  隆:「鳥の譜」より よしきり

熊谷 賢一:地球の夜明け

川崎 祥悦:未知への序章

黒髪 芳光:足羽川 / 旅愁

江頭 賢三:花 / もも / 雨

水野 修孝:「小さなホメロスたち」より 愛のまなざしについて

青木 暢男:春の夜の回転木馬

有馬 礼子:髪 / 落葉のやうに

平井康三郎:わらべ歌 三題

渋谷 沢兆:ないしょのはなし

岩河 三郎:十字架の島

安部 幸明:せみの寺

渡辺 浦人:原体剣舞連より


’88 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Dプログラム

「児童合唱の夕べ」

1988年8月5日(金)18:30開演

サントリーホール

 

内田 勝人:「四季のソネット」より 夏

大田 桜子:合唱組曲「ともだち」より ライオンのシッポ / らくだのふね

加藤  學:光る

名取 吾朗:「早春のいぶき」より ヒヤシンスの手紙

小森 昭宏:美しい夏の朝に

鈴木 重夫:サンバのサンバ

溝上日出夫:カモシカは見ていた

宮崎 尚志:人間が好きだ

遠藤 雅夫:マラソン母さん

大中  恩:生まれて生きて

鈴木 輝昭:合唱組曲「みち」より みちⅠ / Ⅳ

中田 喜直:「平野のうた」より Ⅰカッパの話 Ⅱつよい木けやき

若松 正司:春の潮だまり

北爪やよひ:「五つの詩」より ラッパ

松岡 貴史:大和行

三木  稔:風のうた / 猫の嫁入り

湯山  昭:「日本のもども」より 

       噴き上がるファンファーレ / せっせっせアッサイ / お経ミサ


’89 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Aプログラム

日本合唱協会 第67回定期演奏会

「現代日本の抒情合唱曲集~新しい抒情合唱曲を探る~」

1988年8月5日(金)18:30開演

石橋メモリアルホール

 

【追悼】

芥川也寸志:オケラのうた

 

柳田 孝義:渚にて

吉川 和夫:松風 「秩父・風と花々の祈り」より

名取 吾朗:沙羅の花

小鍛冶邦隆:愛の歌

林   光:忘れるな/バラの変容

松尾 祐孝:October, Intermezzo, November, December  "THE FOUR SEASONS"より

くりもとようこ: 曇った秋 Ⅰ

北村  昭:鶉 / あの鳴る銅鑼は

萩原 英彦:水辺の朝 「星の生れる夜」より

髙嶋みどり:地球があんまり荒れる日には

高田 三郎:雪の日に 「心の四季」より 


’89 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Bプログラム 

東京混声合唱団第120回定期演奏会   

1989年4月19日(水)19:00開演

東京文化会館 小ホール

 

水野 修孝:混声合唱組曲「あしたのオデッセウスたち」より ルナ

伊藤 幹翁:「一握の砂」より 秋風のこころよさに

平野 淳一:女声合唱とピアノのための組曲「翔びたつ日」より 

      フルートを吹く娘 / 翔びたつ日

辻田 幸徳:風になれたら

有馬 礼子:外は雪

 

【追悼】 

芥川也寸志:お天道様、ねこ、プラタナス、ぼく

                    

柴田 南雄:萬歳流し                                                           

加藤  學:女声合唱曲集「黄昏に」より 黄昏に

後藤  丹:混声合唱のためのノスタルジア「五つの鼓動」より 青い鼓動                    寺島 尚彦:「食卓の歌」より 河原にて

佐藤  眞:時代-飛びたつ鳥は-                    

国枝 春恵:女声合唱組曲「遠い秋」 疎開の秋                   

山本純ノ介:「闘技場』から 雪の伝説


 ’89 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Cプログラム

こどもたちの午後」   

1989年9月3日(日)13:30開演

サントリーホール

 

菊地 雅春:いつか

櫻井  順:ヒロシマ地方の手まり唄

小森 昭宏:飛翔

若松 正司:「はるかな空の歌」より 森から

内田 勝人:「四季のソネット」より 春

瀬下 健二:「おかあさん」より ママがかえったとき /

       おかあさんねむけちょうだい / ぼくがおねぼうしたとき

坪能 克裕:「ファンタジックスペース」より 蝶の谷

宮崎 尚志:僕のそばへ来ませんか

青木 暢男:森の小鳩よ教えておくれ

岩河 三郎:「山四章」より 山の関所

川崎 祥悦:「千万人の友だち」より けんかして  

溝上日出夫:海よかもめよ     

池辺晋一郎:「どろんこのうた」より 「ら」のうた

大田 桜子:「雨の情景」より でんでんむし / 雨の窓辺で

小林 秀雄:花の仲間たち

湯山  昭:「日本のこども」より 噴き上がるファンファーレ / 笛のインタールード


’89 JAPAN CHORAL MUSIC FESTIVAL

現代日本の作曲家 自作・自演による 合唱の祭典 Dプログラム

きらめく混声の夕」    

1989年9月3日(日)18:30開演

サントリーホール

 

宗像  和:「四つの望郷歌第Ⅳ」より おはよう!エトロフ 二胡序奏付

鈴木 憲夫:「祈禱天領』より 第3章 マツリ マツル

草野 次郎:浅き春に寄せて

斎藤 高順:トパァズの旋律」より 水の花 / サフラン

岡坂 慶紀:「風の記憶」より みじかくもとおいひ / 想春

中田 喜直:「アビと漁師」より 大漁歌 / 夜の歌             

早川 正昭:「三つの沖縄民謡」より 仲風節 / 谷茶前節

                                  

【追悼】 

芥川也寸志:コント・フランセーズ(フランス小話より)

           

金田 潮兒:「緑の落葉」より 真夏の日に          

鈴木 行一:夏の海        

新実 徳英:十四歳 / まだ見ぬ人に       

岡本 正美:「メランコリーの川下り」より 小石

      「落首九十九」より 大人の時間

山本 直純:「四日市讃歌」より 透明な夜空に

渡辺 浦人:原体剣舞連


 

 

 

公演記録に戻る